中学生 / かつての優等生が過去の栄光から再び甦る上位・難関高校受験コース

かつての優等生を「過去の栄光」にすがる情けないお子さんにしないために…

「中学に入学した最初のテストは、5科450点とれてたのに…」

「小学校のときは、テストはいつも90点以上しかとったことなかったのに…」

「こんなに難しいテストをつくる中学校の先生が全部悪いんだ!あの先生は最低だ!(逆ギレ)」

などなど、小学校時代や中学入学時はもともと優秀で優等生だったのに、小学校時代の過去の栄光がいつまでも抜けず、中学校の定期テストや実力テストで現実を突きつけられても、現実を認めようとしないで徹底的に逃げ出して己の弱さを受け入れずることができない傍から見てると見苦しい光景というか、

過去の栄光にすがったまま「自分はやればできるんだから」という根拠のない自己顕示欲に支配されているお子さんが年々増えています。

挫折の経験や、親御さんの失敗させない子育てのレールに敷かれて生きてきたことで敗北の経験がないお子さんによくあるケースです。

成績はもともと良くて頭脳的に優れていたとしても、メンタルが全く育っておらず、いつまでも自分の思い通りに周囲や世の中が動くと勘違いしている『お子ちゃま』思考の若者が増えた先に何があるか…。

学業が成功する子、仕事でもプライベートでも大成する人材に共通しているのは、負けることの悔しさを知り、その上で勝つために過去の成功体験や思い込みを躊躇なく捨てて、今を最大限に闘うことができる者だということです。

PRECIOUSという塾は、学力を上げれば何でも赦される、成績上位ならすべてオッケーという塾ではありません。

成績が良かろうがそうでなかろうが、己の弱さを受け入れて認めること、世の中で己の存在などOnly OneではなくOne of themに過ぎず、その中で勝ち上がるにはどうしたら良いのかを、塾生全員に徹底的に考えさせる指導方針を貫いています。

一度は奈落の底に堕ちてしまったとしても、そこから己を見つめ直し、再び己を高めるための研鑽を続けたことで学年上位に返り咲いた塾生はこれまで数えきれない程、輩出してきました。学力「再生」工房という塾名の由来そのものです。

通知表オール4以上とったことのある子や、テストで5科400点以上をとったことがあるお子さんであれば、基本的な学力は間違いなくあります。

こういったお子さんであれば、堕ちてしまった今の己の姿から再度「復活」できる可能性は高いです。

結局は、そのような成績やポジションまで堕ちてしまった己自身のメンタルの弱さ、生活習慣の乱れ、徹底的にやりきる学習量を確保できれば、再生は決して難しいわけではないのです。敵は周囲でも世の中でもなく、己自身の弱さでしかないのですから。

お子さん自身が腹を決めて立ち向かう姿勢ができるのであれば、PRECIOUSの指導で結果は出しやすいと思います。ただ、このように腹を決めて立ち向かう覚悟ができたなら、個別指導塾で学ぶのはあまりお薦めしません。

個別指導塾で成績が伸びないのは、塾業界では「通説」です。

お母さん、ご存じですか?

個別指導の塾では、成績が上がらないのは、塾業界では通説になってます。

「えっ?どうして!?」

先生につきっきりで教えてもらった方が、ちゃんと理解できるし、成績上がるんじゃないの!?そもそも、AQURASって個別指導だろ!?

そうですよ、PRECIOUSも基本的には個別指導の塾です。

でも、PRECIOUSはお子さんと講師が1:1でつきっきりで教えるような個別指導ではありません。

1:1のマンツーマン(もしくは1:2や1:3)の個別指導で教えると、確かによく分かった気がします。

しかし、勉強というのは何から何まですべて指示されて教えてもらってそれで分かるかというとそうでもないんですよ。

モノを覚えるということは、自分から積極的に理解しよう!、できるようになってやる!という気持ちがないとなかなか覚えられないものです。

教えられるのをただ待っていて、言われてようやく勉強するような学習では限界があります。その点は、家庭教師も同じことなんです。

PRECIOUSでは、自分で問題を解きながら、分からない部分は先生に自分から聞きに行くという学習スタイルです。もちろん、質問に答えるときなどは1:1で接します。

でも、それだと、気が弱い塾生とか自分から積極的に質問できない塾生はムリなのでは?と感じる親御さんもいるかもしれませんね。

でも、それは親御さんの思い込みによる誤解でしかありません。

PRECIOUSに入ったお子さん慣れるまで戸惑ったりもしますが、しばらく経てば自分からどんどん質問してくる塾生へと変わっていきます。そうなれば、親御さんも安心しますよね。それを可能にするのが、教室内の雰囲気です。間違いなく。

緊張感がある空間なのに、いつでも質問できる雰囲気。

授業を受ける塾生のやる気ある姿勢。

そんな環境で学習すると、ほとんどの塾生が自分から前向きに学習するようになります。

「強制された」学習と、『自ら進んでやる』学習では、その差は相当大きいです

目先の点数的にも、長期的な学力形成やキャリア構築においても、どちらの子が「幸せに」「力強く」生きていけるかは、言うまでもありません。

PRECIOUSの “自立心を引き出す” 「自己管理」指導・学習法とは?


ビジネスパーソンの世界では、もはや常識とされている『PDCA』サイクル。恐らく、社会の第一線で活躍されてきたお父さんやお母さんも、ご存知の方がほとんどではないでしょうか。

『PDCA』サイクルとは、もともとは事業活動における管理業務を円滑に進める手法のひとつです。

「Plan(計画)→Do(実行)→Check(評価)→Action(改善)」

を繰り返すことによって、業務の中で問題点を見つけて改善策をつくり、よりよいものをつくって継続していくことに役立っています。

このサイクルを自分で構築して、円滑に運営できれば、いろんな物事がスムーズに進められるようになります。

しかし、社会に出てからいきなり『PDCA』サイクルを作るにしても、なかなかうまくはいきません。日々の学習姿勢づくりに『PDCA』を活用することで、サイクル構築の練習にもなります。学習姿勢はできるし、社会に出て役立つ力もついて一石二鳥です。

PRECIOUSの学習法というのは、このオトナのビジネスモデルを、学習塾の指導現場に落としただけです。「自立」と「自律」を兼ね備えた子に成長するための不可欠なマインドです。

基本的な考え方 ⇒ やり方をもう少し詳しく申し上げるのであれば、

1. Plan(計画)

志望校合格や成績向上などの目標達成のために「何でもいい」では、望むような実力はつきません。

まずは到達したいレベル、つけたい実力を設定し、次に、その力をつけるためにはどんな知識が必要で、どんな練習がどれだけ必要で、そのためにどんな教材を使うのかを考えなければなりません。また、到達目標に達したかどうかを確認するためのものも準備しておかなければいけません。

この「P」という作業そのものはやったことがあるという人も多く、特に中学生や高校生は定期テスト前にこういった計画を立てている人も少なからずいるでしょう。

しかし、効果的な計画を作り上げるには、数多くのポイントがあります。ポイントが欠けていると、次の「D」の作業で影響が出てしまいます。

2. Do(実行)

「P」で立てた計画を実行していきます。計画通りに作業するだけではあるのですが、前述したように「P」に問題があった場合、「D」の実行はどこかでうまくいかなくなります。

もちろん「P」自体は良いものが作れていても、体調が悪くなったり、家族で出かける用事ができてやるべきことができなかったり、習い事や部活動の疲れが原因で集中できなかったり、途中で寝てしまったりということが起こり、調子よく進んでいたこと、続いていたことが滞ってしまい、挫折の原因になることもあります。

「D」を計画通りに実行していくためには、そのための仕組みづくりも必要不可欠なのです。

3. Check(評価)

「P」で立てた計画を「D」で実行してみた結果、どんなところがうまくいって、またうまくいかなかったのかを確認します。

「P」で準備しておいた到達目標に達することができたかどうかをチェックするツールを使い、その結果を見ます。PRECIOUSでは最も重要視して行う指導がこの部分です。

4. Action(改善)

「C」の結果から問題点を発見し、改善します。

まず「P」に問題はなかったのでしょうか。学習時間や学習日、学習内容や使用する教材や解く問題のレベルに問題はなかったでしょうか。次に「D」を実行するうえで問題はなかったのかを確認します。学習環境は整っていたのでしょうか。集中できなかった人、継続できなかった人は、その原因を確認する必要があります。

この「A」の作業でしっかり「P」や「D」の問題点を確認し、改善策を加えた新しい「P」の構築につなげていきます。

——————-

上記までの説明の通り、計画自体は立てたことのある人も多いでしょう。実行してみて上手くいったという人もいることでしょう。

しかし、例でも挙げたように途中で続かなくなり、挫折してしまう人も相当数います(むしろ、上位10%以外は全滅ではないでしょうか)。

実現できれば大きな力になる『PDCA』ですが、このサイクルを円滑に回していくのは、かなりの思考やマインドを含めた労力が必要となり、かなり難しいことでもあるのです。

自分自身をきっちり「自己管理」できない者は、やはり計画倒れとなってしまい、結果につなげることができません。このやり方で結果につなげるには、日頃からの心の鍛錬である「マインドセット」が不可欠なのです。

ただ、勉強量を増やす、勉強やれと指示して押しつける…そんなことで解決するような単純な問題ではないということです。

学業もビジネスも日常生活も、高い生産性を求めるのならば、それを達成できるための明確なスキームの構築が不可欠であり、それが抜けたままで勉強だけしているというのはミッション達成に置いて「最大限の遠回り」であることに早く気づけた子ほど、社会的にもどんどん成功していくのです。

PRECIOUSではPDCAサイクルをきっちり学習指導に落とし込んで塾生指導をしております。

定期的にカウンセリング面談を塾生本人と実施し、お子さんが誘惑に負けたり都合のよい言い訳で逃げ出そうとした場合には、きっちり最後まで自己責任による落とし前をつけさせます。

口だけ野郎・ビッグマウスでチキンハート野郎は逃がさずに、自分で決めたことに関しては完遂するまで徹底的に本人に尻拭いさせる塾ですので、

お子さんの甘えや中身のない自己顕示欲にまみれた状況を受け入れてしまって甘やかしてしまうご家庭には、PRECIOUSへの入塾はお薦めしません。

志望校合格を本気で考えていますか?

友達と楽しく勉強したり、いっしょへ塾に行ったりして、いつも誰かといっしょな君。

本当に自分の希望する高校へ行きたいなら、もっと真剣に受験を考えてみませんか?

人気校の競争率は年々上がる傾向で、1分たりともムダな時間はありません。

真剣に自分のことを考えるなら、自分のできないところをしっかりやり直したり、得意なところをどんどん伸ばしたり、あなたの勉強法は自ずと決まってくるはずです。

あなたは、その勉強法を「塾」で実践できているでしょうか?

一斉授業でも、個別指導でも、たとえば、昨日、宿題をしてた箇所が分からなくなったので、そこがやりたいと思ったら、すぐにそこの勉強があなたの塾ではできるでしょうか?

PRECIOUSでは、それができます。

受験まで残された時間は無限ではありません。毎日着実に減り続けているのです。

同じ勉強時間でも『質が高ければ』他を一歩リードすることができるはずです。

あなたが塾に行く理由は何ですか?


塾に行くことを、もっと真剣に考えてみませんか?

友達と楽しく勉強しに行くというのもあるでしょう。もし、楽しく合格できるのであれば、それでいいと思います。

しかし、現実にはそうはいきません。合格を手中にした塾生たちは、それなりに真剣に、そして、しっかり勉強した子たちばかりです。楽しみながらの合格はあり得ません。

勉強したいところはいつでもできるようになっています。

塾生によって出来ない箇所はまちまち。Aさんは、ここが復習したい。Bさんはそこはわかるので、どんどん先に進みたい。また、Cさんは、学年を戻ってはじめから復習したい。

全員が同じ授業をうけるということは、実は質が低く、時にはムダになることもあるのです。普通に考えると、できる子は進み、出来ない子は戻るのは、当たり前ですが、そういう授業を実施している塾を、私はあまり知りません。ですから、私自身の塾を、そのように構築したかったのです。

塾生ひとりひとりに合わせてテキストのレベル・内容も作成

授業では、塾長の20年以上に及ぶ経験値から得た、ムラのないテキスト使用だけでなく、塾長が選んだ信頼のおける指導歴15年以上の他塾の塾長先生によるものも使用しています。

PRECIOUSでは、勉強したいものが確実にできるようなシステムで、あなたのお子さんを待っております。

どこよりも、心をこめて、厳しく指導します!

「厳しく」と聞くとお子さんを叩いたり、言葉の暴力を浴びせたりするのではないか…などマイナスイメージを想像される親御さんもいらっしゃるかと思いますが、それは全くの誤解です。

PRECIOUSの「厳しく」とは、

『おちこぼれをつくりたくないから、徹底的に繰り返させる』
『ちゃんと取り組まなかったり、他の人に迷惑をかけたりした場合や言葉遣いが乱れていた場合は、厳しく叱る』

などのものです。

規律に関しては多少なりとも厳しい塾ではありますが、ご家庭に対して

  1. 絶対に授業料をムダにさせない
  2. お子さんのしつけも行い、社会で生きていく上での基本も身につけさせる

といった方針で、こだわりの「厳しい指導」を実践しています。

そして、塾生自身に自力で壁を乗り越えさせて、どんな困難にも打ち克てる強靭な「心」も養います。

中学部の受講コースは2つあります。

週3日・1回2時間(計6時間授業)/5科 スタンダードコース

英語・数学・国語・理科・社会・確認テストの計6時間受講のコースです。
学校の先取り学習を前提に、家庭学習もしっかり取り組んでもらうことが大前提となります!

週4日以上・時間無制限での圧倒的演習量のアウトプット学習(週5日以上受講可)/学び放題+個人専用席完備 プレミアムコース

週4日分の授業料で、週5日以上も授業・自習すべてオッケーの学び放題!5科すべて受講可。
しかも、個人専用席が確保されます。本人以外は使用不可の専用席ですので、遠慮なく私物テキストも持ち込めます。

成績アップの前提として、まず「量」をこなすことが絶対条件です!それから「質」の追求となります。
結果を出させるには、演習量をこなす圧倒的なアウトプットが必須。そのための長時間学習が可能な学習環境を用意します。

「通知表オール4なんてとったことがない…」「定期テストで5科300点に達していない…」けれど、どうしてもPRECIOUSにわが子を入塾させたい!というご家庭は、ご相談下さい。特別コースの受講でお受けできる場合もあります。

スタッフからご挨拶

スタッフより【1】

私は大学に合格するまで1度も塾に通ったことはありませんが、AQURASみたいな塾なら入って勉強したいなって思いました。

誰かから強制されて勉強しても、まず身につかないし、何よりも苦痛です。自分から勉強しようと塾生が自分で気づくことができれば、それだけで、今まで見ていた景色がガラッと変わるはずです。

スタッフより【2】

やりたいこととか、将来の夢とかが定まっていないのに、無理やり目標をつくらせることは、子どもにとっては逆効果になることもあります。

子どもはいつかのタイミングでその境地にたどり着くでしょう。子ども自身にエンジンをかけさせることも大事ですが、子どもの考えや思いもしっかり聞いて理解してあげることも大事だと思います。

2021年度 PRECIOUS 塾生募集状況【2021.3.2現在】


中学生

週4日以上学び放題&いつでも使える専用自習席

中学1~2年生

8名

中学3年生

2名

入塾規約


  • 入塾希望者は、PRECIOUSに直接来塾し、面談を受けて下さい(お子さんとご両親3者)。
  • 入塾後1ヶ月間は、指導監視期間とさせていただきます。



本当に真剣に勉強したい子は、塾の体験ができます。
そして、「よし!ここで体験後、ここでやっていけるかな」と思ったら、入塾を決めてはいかがでしょうか?


入塾のご相談や受講申し込みの際は、


  • 〇お子様のお名前(カナ含む)
  • 〇現在の学年
  • 〇保護者の方のお名前(カナ含む)
  • 〇ご通学されている学校名
  • 〇メールアドレス(携帯メールアドレス)
  • 〇電話番号
  • 〇お問い合わせ内容(短文・長文どちらも可)



をお書き下さい。

お問い合わせフォーム



塾総合ダイヤル

メールやパソコンが苦手な方はお電話での相談も大歓迎!
匿名でも電話もOKです!強引な売り込みもしませんので、安心してお電話ください。

TEL:047-401-2396 / FAX:047-401-2549
(電話受付は18:30~21:00です)

PAGE TOP